忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/01/21 02:58 |
喧嘩両成敗?(゚Д゚)ハァ?
2月24日の夜のこと。

  1. 毎晩の事ながらスーパーの前に駐車違反車両ハケーン

  2. 車中にドライバーがいたので「駐車違反ですよ。」と標識指して警告

  3. 「駐車じゃねぇ、停車だ」と強弁するのグレーの安っぽいスゥエット姿のヒョロイ兄チャンドライバー

    (一直線の通りのずっと向こうから見えてたが、がっつりエンジン切ってハザードさえ出さずにず~っと止まっておったやんけと思ったが、開き直りに何か言ってもムダか・・・。)

    参考:駐車(Wikipedia)

  4. 携帯のカメラで車両の証拠画像撮影。

    (取りあえず買い物した後にまだ止まってたら通報しよう。)

  5. 買い物終了、自転車置き場に戻ると車から離れて自転車の横で待ち伏せているドライバー氏。

  6. 自転車の鍵を外して帰ろうとすると柵越しにむんずと自転車のハンドルを掴んで「待てや。」とドライバー氏。

  7. 「待つ謂れはない。帰るから離せ。」と私。

  8. 「ケータイ、見せろや。」とドライバー氏。

  9. 「見せる謂れはない。離せ。」と私。(通報するにしてもこの状況では電話は出せない罠。)

  10. 「離せ」といいながら、ハンドルとフレームを掴んだまま離さないドライバー氏をずるずる引きずって駐輪場の外まで移動する私。

  11. 私は、もぎはなそうと自転車を押したり引いたり、指を掴んではがして見たりを試みるが掴んだまま離さないドライバー氏。その上、あろうことか自転車越しにフレームの三角形の間から私の足を蹴ってくる。

  12. そこへさっそうとパトカーで警官到着。呼んだ覚えはないが。

    (後でわかったがなんと相手が呼んだらしい!その際の驚くべき主張は後述。)

で、警官が言うことには:
「もみ合っているところを見た。喧嘩両成敗だ。署まで来て。」

私:(゚Д゚)ハァ?

そして早良警察署の取調室で聞かされた、相手ドライバーの驚くべきトンデモ主張:

  • 撮影は肖像権の侵害だから警察を呼んだが、逃げようとしたので引き止めた!画像を消去して撮影したことを謝罪しろ!
    (私には「見せろ」言うだけでそんなこと一言も言わんかったやないけw。撮影自体は犯罪でもなんでもないんだから警察に通報したり、まして民間逮捕できる内容じゃないだろ肖像権は・・・。大体、車撮ってるのに肖像権って・・・。)
    参考:肖像権

  • 抵抗されてズボンが汚れたので弁償しろ!(…って、お前が自転車越しに私を蹴ったからギアの油がついたんじゃねぇか!!)

しかし、警察がまたこのトンでも主張を真に受けたか、単に面倒くさかったので双方謝らせて手打ちにしようと思ったかは定かでないが、私に向かって「画像を消して、相手に謝罪しろ」などとおっしゃる。「でないと両者とも暴行で立件せにゃならん。」とやんわり脅しなさる。

私、再び:(゚Д゚)ハァ?!

おまわりさん曰く:
「相手は肖像権のことを心配していた。それで引き止めたんだろう。それにスカートの中を撮影したら迷惑防止条例とかもある。」
私答えて曰く:
「肖像権は無理やりひきとめる理由にならないし撮ったのは車だ。だから迷惑防止条例も関係ない。」
「でもネットに上げたりして悪用されることを相手は心配していた」
「心配なら力づくで引き止めてよいわけ?撮影すること自身に違法性はないはずだが?」
(大体、どう悪用するっていうんだw 個人じゃ最大限悪用して名誉毀損だろうが、そう利用するという根拠はないし、そもそも名誉毀損は親告罪で、もちろん未遂罪はないぞw)
「皆が法律を良くわかってるとは限らん!相手は心配したんだろうが!!」
「法律を誤解している人に合わせる必要がありますか?」

私は経緯をもう一度順を追って説明した上で:

  • 車の撮影に肖像権は関係ないし、迷惑防止条例も関係ない。当方に違法行為はなく一切非もないと考えるので謝罪はしない。

  • ズボンの裾も彼が自転車越しに私を蹴った(蹴られてすりむいた脛を指しつつ)際に汚れたのだから自業自得であり、弁償なんてとんでもない。

  • 自転車を掴まれてそれを手放させようとしたことを暴行などというのはめちゃくちゃだ。立件するというなら仕方ない、立件しなさい。裁判で無実を訴える。

(…おまわりさんよ、状況をどう考えたってオカシイだろう?駐輪場を出たところで私が掴んでるのは自分の自転車、相手は自分の車からわざわざ出てきて私の自転車を掴んでる状態。その上私を力づくで無理やり引き止めた理由として相手が上げてるのが「肖像権」と「ズボンの汚れ(それも安いスェットのな上に、その汚れは私を無理やり引きとめた結果汚れたものだ)」という無茶主張だぞ?この状況をどう解釈したら暴行で双方立件(「喧嘩両成敗」)になるんだ…。よもや私がヤツを撮影後、ヤツを車外におびき出した上で自転車を振り上げて襲い掛かったとでも?)

ということで、主張すべきは一通り主張したので:

「後はおまかせしますよ。私は無茶な話だと思うけど、おまわりさんがどうしても暴行だというなら仕方がない、立件したければどうぞご勝手に。裁判で精々無実を主張することにします。相手が弁償をしろというなら、法的な手続きを踏んで、例えば損害賠償訴訟でもなんでもするように伝えてください。」
と言うと
「民事だとこっちで相手に貴方の住所氏名を伝えにゃならんよ?」
「どうぞ、相手が訴えて出るなら相手の住所がこっちにもわかりますね。」

と言ってあとは目をつぶって腕を組んで黙ってた。

まぁ、結局どうなったかというと撮影した画像を消して無罪放免というオチ。一応先方は違法駐車していたことを警官に認めた(駐車してた車自身は現地で警官も見ている)というので、そのことを念を押して確認してから画像は消した。

肖像権があるから力づくで撮影した相手を引き止めて消去を求めてよいという主張は明らかにオカシイ、特にそれを警官が追認するのはヘンだと思う。が、その時は警察署にいるわけで肖像権の詳細や判例は調べられなかったから、違法駐車を告発する目的は達成したということで仕方なくその点だけ妥協。

相手を暴行で訴えるかと聞かれたがスリ傷一つで訴えるのも情けないと思ったので訴えなかった。(相手が無茶な主張を続けるようなら、双方暴行の喧嘩両成敗という無茶も受けて立つとは伝えたが。)

そういや以前、大型車で斜め駐車して片側1車線を完全にふさぐという迷惑っプリのオバハマに違法駐車を指摘したら、
無言で逃げておいて、信号で追いついた私のことを「不審者に追われてる!進路妨害された!」と警察を呼び(車で逃げてるのに自転車に「追われている」?私はどんなスーパー自転車乗りだ?)、
その様子を聞いていた私がボソっと「・・・違法駐車が指摘されたら無言で逃げておいて、盗人猛々しい。」ともらしたら
「今、私のことを盗人っていいましたね?私、盗人じゃありません!名誉毀損で訴えるから。」とメモを取り出した・・・なんてこともあったが、その時も自分がやらかしておいてから白々と被害者ぶるずうずうしさに呆れたものだったことよ。
(ちなみにそのオバハマそのあと「失礼だけど、あなたどう見ても不審者だから」と「盗人猛々しい」という慣用句に対して名誉毀損と騒いだヒトとは思えないような失礼なことを平然とのたまっていた。「失礼だけど」って前置きしたらそういうこと言っても言ってもよかったんだww)。

違法駐車を注意されたら、黙殺逃亡やら、逆ギレして暴行やらの挙句、自ら警察呼んで被害者ぶるようなずうずうしい人が、まさにそれだからこそ違法駐車なさるわけなんでしょうね…。
PR

2009/02/26 03:19 | Comments(2) | TrackBack(0) | 個人的な内容

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

駐車違反者を通報しようとしただけで積極的に直接相手しようと思ったわけではないですが、相手が待ち伏せして自転車掴んでくるものは仕方ないです。
駐車違反=キチガイというわけでもないですから。
posted by 椎路ちひろat 2009/03/15 01:55 [ コメントを修正する ]
キチガイ相手してもしかたないでしょうに・・・w
posted by みおat 2009/03/14 03:42 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<◎給料2割カット、○雇い止め、▲現状維持 | HOME | コミケ76申し込み>>
忍者ブログ[PR]