忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/29 20:40 |
回避できそうな見込みとは書いたが
回避できそうな見込みとは書いたが、3月31日で契約は終わり、次の契約はまだ予定だけで締結されていない(履歴書と職務経歴書は送ってあるけども)。
なので厳密には現在失業中。
失業者らしく今日はハローワークに行ってくるつもり。

…と思ったのだが離職票がまだなのだった。

不景気の波をかぶって研究委託が滞った影響で失職したことだし、
職安の求職者数統計に反映させるべく求職申し込みだけしてこようかしら?
(「特任研究員」は委託研究のための臨時の要員で期間付雇用で
委託研究が来ないと延長されないで解雇が原則の不安定雇用なのだ。)

…次の予定が予定通り契約締結できるなら雇用主と給料月額は変わっても
勤務地は旧勤務地と同じで仕事の内容も継続になる
という予定なのでカードキーとか返さなくていいし荷物も置きっぱなしでいい
と話がついているという話なのだが…。

事務担当者に何度か返却を求められるとか、
危うく皆の前で大々的に退職の挨拶をさせられそうになるなど
今ひとつその合意は浸透してないような感じもあって…。
(まぁイレギュラーな事例には違いないし、決定が日数的にギリギリだったので無理からぬところもあることはある。)

一説によれば事務手順が決まってて粛々と処理されてるという話なので
もしかして手順的に名刺とカードキーと駐輪場のステッカー回収確認後に
離職票発送とかになってたりするのかしらん??
(ちなみにロッカーキーと名札の返却も求められているが、それらはそもそも受け取ってないように思うのだが…。)
PR

2009/04/02 03:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | 個人的な内容

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<図々しいポスティング業者~法の下の平等 | HOME | リーダー・シップ?>>
忍者ブログ[PR]