忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/23 13:43 |
バカモノワカモノのバカな言い訳と筋の通らぬ糾弾
雨の天気予報と終電逃しのコンボで徒歩帰宅中の私。
深夜の大通りの歩道を無灯火で併走しながら歩行者(私)に向かってくるくるバカモノワカモノの男女。減速する様子もなくこっちには逃げ場もなく危ないので男のほうの自転車のハンドルを正面から押さえて停車させ、
「ライト点けてね。」と私。
「(自転車に)ライト着いてないんすよ」と何故かふんぞり返るバカモノワカモノ。見れば近年良く見かけるタイプのそのミニサイクルにはライトがない。
「整備不良でしょ?整備不良を威張られてもね。あ、そこの彼女もライト点けてね。」と私、さらに続けて、
「…なんなら(そこの)コンビニで懐中電灯でも買って着けたらどう?危ないだろう? 」
「…よけるからいいですよ。」と薄い胸を張りムヤミに自信満々なバカモノワカモノ。(現に避けられてないから私に正面からハンドル捕まれたんだろうに…。)
「いやいや、何、その根拠のない自信。バカは皆そうだけど。」と私。
「ぶつかってないでしょ?ぶつかってから文句言ってくださいよ。」とやっぱり自信に溢れるバカモノワカモノ。(えー、衝突せずに済んだのはこっちが実力で停めたからじゃないか・・・。)
「ぶつかってからじゃお互い痛いだろう? アンタは自業自得だとしても。」と私。
「アンタなんなんすか?」とバカモノワカモノ。
「日ごろ無灯火の自転車にヒヤっとさせられてる自転車乗りだよ。」
「アンタには二度と会わないから別にいいでしょう?w」と哂うバカモノワカモノ。(相手が警官とかだったら従ったのかね?言ってる内容じゃなく権威に弱いってことかw)
「またバカなことを。危ないから言ってるんだ。(大体私以外なら危ない思いをさせていいってもんでもあるまいに。)大体、二度と会わないって言うが、もうこの道を二度と通らないとでも?w」と私。
「そうじゃないけど、二度と会わない自信ありますよ。」とやっぱり根拠レスな自信をひけらかすバカモノワカモノ。
「バカだなぁ、それじゃ全然理屈に合ってないよ。私はこの道かよってるんだからまた何時出くわすかわからないじゃないか。」と私。
「でも絶対二度と会いませんよ。」とバカモノワカモノ。
「とにかくライト点けて(and/or 着けて)ね。」

…と立ち去ろうとする私の後方から今度はこれまた無灯火で、その上携帯電話で話しながら前も見ずにフラフラ突っ込んでくる第三のバカ女愚かな女性発見。案の定すれ違い損ねて立ち止まっていた私に絡んでキャァとかマヌケな悲鳴を上げて自転車転倒、私はスネぶつけたけどなんとか転倒はせず。
「(うんざりしながら)ライトつけてね。あと携帯で話しながら自転車に乗るんじゃない。」と注意して今度こそ立ち去る私。第三のバカ女愚かな女性、バカみたいにこっちを見るだけで返事もなし。別に怪我もなさそうだし、自業自得だと思うので助けたりはせず。

…としばらく行く間チリンチリン追ってくるベルの音。まさか関係あるとは思わず歩いていると赤信号。信号待ちしてると追いついてきたのは先ほどのバカモノワカモノ。何故か激昂してるゴヨースで何言ってるか聞き取れず。
「まだ何か用かね? とにかくライトつけてね。」と私。
「オマエが立ち止まって話してるから彼女(第三のバカ女愚かな女性のことらしい)がぶつかったんだろう?謝れよ!!!」と夜の交差点で絶叫するバカモノワカモノ。

…なんで突然通りがかって勝手に事故った、見知らぬ第三のバカ女愚かな女性のことでそこまで激昂してるのかわからんが、すごい超論理だ。
歩道に立ってる歩行者に向かって無灯火で携帯電話で話しながら突っ込んできたわけだから自転車の女が謝るならわかるが、なんでぶつかれらた方が謝るって話になる?避け損ねてスッコケたのは気の毒だが自業自得としか言いようがあるまいに。

「無灯火で携帯しながら歩行者に突っ込んでコケるなんて、自業自得としかいいようがなかろう?謝る理由がない。」と私。

「オマエのせいだろう?謝れよ!転んでるんだから助けろよ!!」とさらに声を張り上げるウスラバカワカモノ。

「・・・まぁそう思うならキミが助けてやれよ」と私。
「ああ、助けたよ、でもお前が悪いんだから謝れよ!」となぜか突然正義に目覚めたらしい雰囲気で、さきまでの落ち着いた開き直りがうそのように私を糾弾し続けるバカモノワカモノ。

・・・ってバカモノワカモノの主張としてはライトつけてなくても避けるからいいって理屈じゃなかったのか。その場合、避けられないのは避け損ねた側の責任じゃないのかしらん?もしかしてこれが噂に聞く「江戸の仇を長崎で~」ってヤツかしら?自分のことじゃ言い勝てないから「か弱い女性」を「救助」しなかったことを代わりに怒って憂さ晴らし?

超理論に呆然としつつも信号が変わったので再び家に向かって進行を再開する私。
後ろから続く意味不明の怒鳴り声…。

以前、横断中にぶつけられた挙句、無灯火を注意すると「ワザとだろう」と難癖をつけられ、無視して立ち去ると後ろから改めて猛追の上追突されたときにも思ったけど、無灯火自転車の逆切れは相変わらず理不尽だ。

ちなみに以前の時は体重差のせいか一度目の衝突も再追突した時も自転車の側がハデにクラッシュ。最終的に追突痩せ男の自転車はカゴやライトが歪み、めがねもひん曲がってた。私の側の被害は打身と衝突のエネルギーからくる摩擦熱で部分的に溶けて穴が空いた靴下(!)。ただ逆切れして因縁をつけた挙句、追ってきて歩行者に自転車で意図的にチャージかますのはさすがに悪質だと思ったので荷台を捕まえて携帯で110番しようとするもなぜか繋がらず、近所のスーパーで電話を借りようと目を放した隙に猛ダッシュで(「ぴゅー」とか擬音つけたくなるような見事な逃げ足だった…。)逃げ去られました。
PR

2008/06/20 02:34 | Comments(2) | TrackBack(0) | 個人的な内容

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

妥協してこっちが変わってなんとかなることならそういう意見もあるでしょうが、これはそういう問題ではないでしょう。夜道のライトはつけてもらわないとこっちから見えないのでどうしようもないし、自転車が複数台歩道の幅で並走された上に前方不注意ではやっぱりこっちはどうしようもなく危ないわけで、まして夜道で歩行者とぶつかっておいて勝手に逆恨みの上逆切れ再追突なんてこっちがどうあろうとどうしようもない。最低限の交通ルールや法は守ってもらうより仕方ないです。そうでしょう?

で、まぁこっちとしても本格的にダメな相手を変えられるとまで期待しているわけではないですけれど、ウッカリ忘れてるだけ、ちょっと気づいていないだけというヒトもいなくはないかもしれないので(たまには言われて点ける人もいるし)声をかけている次第です。

もっとも大概は言っても無視されるんだけど、今回は一応非友好的ながらも会話が成立した例で、かつ会話の内容があんまりにもバカで印象的だったので紹介してみましたというお話。

ちなみに今回の記事が啓蒙に役に立つかというとそれも期待していません、なんとなれば行動を改善して欲しい人に限ってこういうことを書いても読みゃしないものなので。

ま、個人的にも「指差しながら正面から向かっていく」という実験を何例かしてみた結果、基本的に無灯火でも平気とか路上の状況を気にせず並走するヒトとか、走りながら携帯いじってるヒトとか、ヘッドホンしながら走ってるヒトとか、歩きタバコするヒトとかはそもそも周囲のことを全然気にせず、周りを画面の向こうの背景か何かと思って行動している人が多いようで、ポスターがマナーを呼びかけようが、通りすがりに声をかけられようが、前方から指差しながら向かってくるヘンな人がいようが、全く意識してないらしいということが最近わかってきました。

例えば実際に真昼間の路上で10m前、正面進行方向から自分をまっすぐ指差した怪人物がブツブツと苦情を言いながらズンズン迫ってきてるのに、歩行者の場合で指先が鼻先数cmまで接近して初めて気づいて慌てるとか、自転車だと数十cmを通過しても気づかないとか、上記のようなヒトビトには前方不注意もいいトコな人がちょくちょくいるようなのです。つまり顔は前は向いてるけど前は全然見てないという…。異様な光景に周囲が気づいてるのに当人は気づいてないこともしばしば。(そういうわけなんで注意して無視される場合、必ずしも意図的に「無視」してるわけじゃなく、本気で気づいてない可能性も結構高いような気がしてきています。)

で、そういう御仁はそもそも自分の周囲の状況に全然気づいておらず、気づいてないものは当人にとっては存在しないも同然、街中でも人込みでも無限に広がる大宇宙を独り行くが如し。仕方なく周りが避けるのである意味無敵。横で見てると事故らないほうが不思議なくらい不注意なんだけど、いつか事故にあってもなんで事故ったか当人にはさっぱりわからないんでしょう。

というわけで最近では、こういう全然前周囲の状況を認識しないで「自動航行」状態で路上を移動する人がどうやら世の中には一定数いて、そういう要注意な不注意人物を発見するのに、無灯火、並走、携帯いじりながら、くわえタバコ、ヘッドホンなどの「ながら移動」が指標として使えるんじゃないかと思うようになりつつある次第。「ながら移動」だから注意が散漫になるんじゃなくて、逆に周囲への注意を払う能力がないヤツだからこそ恐れも知らず平気で「ながら移動」するんじゃないかという考え方ですね。

とはいえ、相手が不注意歩行者くらいなら低速だからこっちもまだ対応する余裕があるわけですけど、夜道で相手が不注意自転車だったりすると相対速度の関係でこっちが気づいた頃には危険水域ということもままあるのでシャレにならないわけですね。
posted by 椎路ちひろat 2008/06/24 01:20 [ コメントを修正する ]
他人に変わることを求めるより自分が変わった方がスムースにいくでしょうに。

やり方がまっすぐすぐるw
posted by みおat 2008/06/20 09:30 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<2年半ぶり2度目の | HOME | 秋葉原の事件の背景に関する情報と労働問題についてのリンク>>
忍者ブログ[PR]